コミュニケーションって何だろう

コミュニケーションは会話のこと?

そもそも、 コミュニケーションは「会話をすること」ではありません。

コミュニケーションは「意思疎通すること」です。

会話がなくても、仕草や雰囲気など、2人以上いればそこには必ずコミュニケーションがあります。コミュニケーションしようと思わなくても、実はコミュニケーションは行われているんです。

コミュニケーションで大事なこと

コミュニケーションでは「何を伝えようとしたか」ではなく「どう伝わったか」が大事です。

相手の立場になって言葉を選ぶことで、心のキャッチボールを行いましょう。「自分が投げやすいボールを投げる」のではなく、「相手が受けやすいボールを投げる」ことが大事です。

相手の話をよく聞いて、相手の気持ちを読み取って、適切な言葉、表情、態度で答えることが重要です。

上手にコミュニケーションをとることは、「上手に話をすること」ではないのです。

なぜコミュニケーションは難しいの?

コミュニケーションの難しさは何処にあるのか

あなたが誰かとコミュニケーションを図っているとき、実はあながた「伝えようと思ったこと」が伝わっているのではなく、相手が「受け取ろうとしたように」に伝わっています。
なぜ「伝えたこと」と「伝わったこと」には差があるのでしょう。それは、あなたは無意識に

  • 省略したり(誰が?何を?)
  • 湾曲したり(こうだろう、こう思うだろう)
  • 一般化したり(自分はこう、ふつうはこう)

さらに相手は、

  • 想像したり(あの人が?あれを?)
  • さらに湾曲したり(ああだな、こう言ってるな)
  • その人の一般化(私はそう、ふつうはそう)

したりするからです。だから正しく伝わらなくて当然。

コミュニケーション上手になることは出来る?

「伝えたこと」と「伝わったこと」とギャップを埋めるには「技術」と「訓練」が必要です。

コミュニケーション能力は「生まれた時からある能力」ではありません。

上手くコミュニケーションを図るには、まずどうしたらいいかを知ること。

そしてコミュニケーションの技術を知って利用することです。 

コミュニケーションは「能力」なの?

あなたは「コミュニケーションの方法」を誰かに教えてもらったこと、ありますか?

誰に教わったわけでもなく、生まれてから今まで「何となく」コミュニケーションを図ってきましたよね。

家族との会話、友達との会話、上司との会話、お客様との会話など、あなたのコミュニケーション方法は「経験」から出来上がっています。

では「コミュニケーションの上手な人と出会っていなかった」としたら?

コミュニケーションの上手下手には

  • 持って生まれた性格や能力
  • あとから学習する「技術」

があります。

もちろん技術を知らなくても性格や能力でコミュニケーションが上手な人もいます。しかし「技術」を身に着けることでコミュニケーション技術が向上し、コミュニケーションが上手になることも出来ます。

Copyright© 輝くあなたを応援したい きくみみサロン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.