コーチングが向いている人、向いていない人

コーチングが向いている人

コーチングが向いている人は「何かを変えたい人」です。「変えたい」「変わりたい」けれど、

  • 一歩を踏み出せなくて背中を押してほしい人
  • 何から手を出せばいいか分からない人
  • やってみたけど上手くいかない人

コーチングを受けてみる価値があります。

  • 変わりたいけど「目標」がわからないという人

大丈夫。あなたは「本当の目標」があるのに、「目標を見ようとしていない人」かも知れません。相談してみる価値はあります。

コーチングが向いていない人

コーチングが向いていない人には2種類あります。

まず、「何も変えたくない」「何も変わりたくない」人。あなたが変わろうとしない限り、コーチングは無意味です。

次に、「目標に向かうための知識のない人」。

例えばあなたが「職場でのコミュニケーション」で悩んでいるとしましょう。

その場合あなたは、職場の環境や職場の仲間、職場の状況を知っています。コーチはその話の中から、あなた自身が目標を達成するための行動を聞き出すでしょう。

ではあなたが「新しい職場に異動になる不安」で悩んでいる場合はどうでしょう。

コーチはあなたから聞き出そうと努力しますが、あなたは新しい職場を知りません。知らないことを聞き出すことは、どんなに優秀なコーチでも不可能です。

Copyright© 輝くあなたを応援したい きくみみサロン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.